吉川晃司 - サイケデリック HIP


作詞・曲 : 吉川晃司、編曲 : 後藤次利  1986 年の「 MODERN TIME 」に収録されています。次利氏のベースが切れまくっていますねぇ。このアレンジがあってこその楽曲だと思ってます。 MODERN TIME は全編にわたって次利氏のアレンジがさえまくってます。

この楽曲は吉川晃司というアーティストをアーティストとして認識した1曲です。それまではモニカでデビューした男性アイドルという認識でした。ここで言う男性アイドルというのは、あまり良い意味では言っていません。どっちかというと色物。そんな認識でした。この曲どこで聞いたのかは忘れてしまいましたが、ラジオ番組だったんじゃないかな。カッコいいじゃないですか。アレンジもそうなんですが、この個性的なヴォーカルが吉川色です。

今聞いても体が勝手に動いてしまう。このベースは次利氏にしかできないだろうし、このヴォーカルも吉川しかできない。

30年以上前の楽曲ですが、古くさく感じません。ぜひ一度聴いてみて下さい。


PAGE TOP